獅峰龍井(shifeng longjing)2012-03-28

teapot 07

9  西湖龍井を称することができる産地は、梅家塢、龍井、翁家山、楊梅嶺、九渓、梵村、満覚隴、双峰、茅家埠、頭隠、玉泉、金沙港、南山の13村です。
 その中で一番有名なのは、龍井茶発祥の地、龍井村の獅峰龍井茶です。

 明前茶:清明節(4月5日)以前に摘んだもの。
 雨前茶:清明節後4月20日頃(穀雨)までに摘んだもの。
 雨後茶:穀雨から4月末までに摘んだもの。
 5月:整枝。
 6月末~10月:芽を摘んで捨てる。

●獅峰山
18 19  茶畑は、獅峰山の斜面に広がっています。

●龍井茶の製造
【茶畑】
2 3
 霜よけの寒冷紗を被せるために棚が作ってあります。

【茶摘み】
8 20 23
 桜が満開になると、茶摘みが始まります。
 5~10時間、朝6時から茶摘み。
 2~3斤/(10時間・人)。
 歩留まり20%。

【新芽】
16 4 5
 晾曬:茶摘みを終えて、ざるに芽を広げているところ。
 半日くらい乾燥させる。

【製茶】 殺青と乾かしながら揉む行程
11 13 14
 第1工程:殺青と揉み。明前茶は、ほとんど手揉み。雨前・雨後茶では、この機械が活躍する。
 第2・3工程は、釜を使った手揉みで行われる。

12 6  第1工程を終えた茶葉。

 第3工程を終えると、ごみ取りをして、製品の完成。

17 21 22
 特級でも、下のクラスの茶。